Boat メンテナンス

陸電

陸電の100Vがコンセントから取れないと言う事で配線を調べました。
現在の配線は陸電の100Vを直接トランスに繋ぎそこから供給しています。
しかし、何故かトランスが異常に熱を持ち心配な状態です、陸電の100Vと
200Vの配線をしっかり調べる必要があると思い調査開始です。

d0164452_1324667.jpg

バウのスタボー側にこんなに大きなトランスがあります、かなりの重量です。

d0164452_13255436.jpg

まず、トランス側の配線を外し一本ずつ、チェックしてゆきます、その際に
活躍するのが写真にある赤い細い線です、長さは、40Ftほどあり、両端に
ワニ口クリップがついてます、これをトランス側の配線を外してクリップで
挟みます。

d0164452_13303864.jpg

その赤い線を長くスターンのコンセントまで伸ばしテスターで導通をチェックします。

d0164452_13352598.jpg

スターンの入力コンセントからはトランス部には配線がされてませんでしたので
ご覧のようにコントロールパネルや電源部パネルを全て外して調べました。

d0164452_13434087.jpg

やっと見つけました、電源コントロール部のロータリーSWに100V陸電が
直接、配線されていました、しかし200Vとの切り替えのため100Vの
配線がされていない状態でした、このままでは200Vのみしか使えない
構造になっています、そこでロータリーSW内の配線を変え100Vのみ
で使えるように変えました。その為又200Vの陸電を使うときは再配線
の必要がありますので、忘れないようにして下さい。
尚、あの大きなトランスは200Vを100Vに降圧する為のトランスです
その為出力側より入力側に電圧をかけた事により熱を持ったのです、とても危険な
状態でしたね。

d0164452_13551965.jpg

コントロールパネルのパイロットランプが数カ所、灯かないので調べました
内部の発光ダイオードの不良でしたが、電圧の特殊なダイオードで抵抗等を
入れ改造の必要がありますので、部品調達後の修理とします。

d0164452_1743730.jpg

無事、スターンのコンセントからAC100Vが使えるようになりなした。
[PR]



by alawaib25 | 2010-06-29 14:02 | メンテナンス

ハワイ、オアフ島、のハーバーに停泊中の船達の日々のメンテナンス状況です。
by alawaib25
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メンテナンス
セーリング
PowerBoat
フィッシング
未分類

最新のコメント

最新の記事

盗難
at 2015-12-26 09:37
コロへ 燃料タンク 漏れ
at 2015-10-26 03:18
フローティングDock設置
at 2014-06-30 17:42
ベネトゥ船底塗装&スラスター
at 2014-05-02 13:52
Boston Whaler ..
at 2014-04-13 21:11

ファン

ブログジャンル

画像一覧