Boat メンテナンス

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧




モロカイ島セーリングその2

モロカイ島はハワイアンスピリットの発祥の地と言われています。
島の人々はフレンドリーで停泊場所を教えてくれたり、お魚をくれたりと
イロイロお世話になりました。

d0164452_10583846.jpg

停泊場所を見つけ、もやいを取り、ほっと一息

d0164452_1059273.jpg

波の静かな良い所に停泊することが出来ました。

d0164452_10593770.jpg

モロカイ島に嬉しそうな顔で第一歩を踏み出す池田キャプテンです。

d0164452_10595732.jpg

停泊した場所のすぐ隣がフェリーの発着場です。
26日の日曜日にモロカイからオアフまでのカヤックレースが
あるので、観光客がフェリーから沢山降りて来ました。
青いTシャツの団体はカナダからの人たちです。

途中で釣れた鰹を、早速吉川コック長が包丁さばきも鮮やかに
刺身を作ってくれました。
d0164452_1105177.jpg


d0164452_1114563.jpg

薬味を加えた鰹が皿に盛られました、夕映えの空が食欲をそそります。

d0164452_1122560.jpg

今日のディナーメニューはご覧の通り親子丼、鰹の刺身、と生姜焼き肉です
波に揺られて少し気分の悪い遠藤さんの為に吉川コック長の心使いで特製リゾット
もメニューに加わりました。(船の中で沢山のメニューを作って頂いた芳川さんに一同感謝)

d0164452_1125627.jpg

楽しく皆で、いただきまーす。

d0164452_113316.jpg

遠藤さんも特製リゾットを完食してくれました。
これで明日の活力が生まれましたね。

d0164452_114393.jpg

今日もカウナカカイは静かに日が暮れてゆきます。
おやすみなさい....zzzzzz
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-29 11:10 | セーリング

モロカイ島セーリングその1

アラワイハーバーを午前4時に出航して、モロカイ島に同日の午後5時頃到着しました
所要時間は13時間です。波の方向と風の方向が違う上に、潮流に流され思ったよりも
時間が、かかってしまいました。

d0164452_20202844.jpg

23日午前4時ワイキキの夜景をバックに一路モロカイ島に向け出発です。

d0164452_20205337.jpg

ココヘッドを過ぎたあたりで東の空が朝焼けで、良い天気を約束してくれました。

d0164452_20211166.jpg

風はクローズでモロカイチャンネルらしい海になって来ました。海の様子は下の
動画をご覧下さい

d0164452_20215689.jpg

朝が早かったので皆さんお疲れ気味です。

d0164452_20223292.jpg

モロカイチャンネルの真っ只中でシイラがヒット、今回は吉川漁労長の助手を遠藤クルー
が引き受けてくれました。甲板長昇格も、間も無くですかな?

d0164452_20225658.jpg

更に、かつおがヒット。バックの島はラナイ島です。

d0164452_20232035.jpg

はるか遠くにカウナカカイの港が見えてきました。しかし風が止まり、ジブを巻き上げて
セールはメインのみ、の機帆走です。

d0164452_2023488.jpg

いよいよ入港です、入り口の3番ブイも機嫌よく出迎えてくれました。(そんな気がしました)

d0164452_2024105.jpg

カウナカカイの埠頭です、さーて何処へ停泊するかな?
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-27 20:35 | セーリング

水漏れ処理完了

新しいホースをウエストマリンで購入し再度交換しました。
池田、吉川両氏の協力を得て無事清水が使えるようになりました。

d0164452_20134367.jpg

ホースは少し長めの2ft買って来ました。

d0164452_2014168.jpg

またまた、狭い中での作業ですが、今日は強い見方がいるので工具を取ってとか
テープを取って、とか助手代わりに皆さんを使わせて頂きました。
狭い入り口を出入りする回数が少なくて、とても楽でした、有難うございました。
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-27 20:15 | メンテナンス

水漏れ応急処置

またまた、狭い中です。アクロバチックな体勢で圧力タンクの
近くまで入れました。

d0164452_20591026.jpg

水漏箇所発見、ホースの黒い点の部分が水漏れ箇所です。

d0164452_210492.jpg

自己誘着テープを何重にも巻き更にビニールテープで
補強処理をしました。
しかし圧力が高いので長くは持たないかも知れませんね
早急な交換が必要です。
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-15 21:02

圧力タンクのホース亀裂/バルサン(スモーク)

通常は清水スイッチを入れて少し経つとポンプは止まるのですが
タンク近くでシューと言う音がして何時まで経っても止まりません
音の近くの圧力タンク周りは狭くて直接確認する事が出来ませんので
防水カメラを使いチェックしてみました。

池ちゃんより船内にゴキブリが出る。と指摘がありましたので
船内全室スモークバルサンを焚きました。
焚いた後の拭き掃除が大変でしたが、船内のインセクト達は全滅したようです。

d0164452_1801736.jpg

手探りで圧力タンク周りを探してみました。
タンクから出たホースのコーナー部分(赤丸)より勢いよく噴出しています

d0164452_182579.jpg

手を入れるとすぐに水が滴り落ちるぐらい、びしょ濡れになりました。
特に、こすれた、様子もありません、圧力の掛かる部分ですので経年劣化
でしょうか?後日、中に入り修理の時に調べてみます。

d0164452_1844910.jpg

船内 前部 中央 後部 各室に戸棚や引き戸を全て開けた状態で
一斉にスモークバルサンを焚き、一日放置しました。
毒性があるという事をラベルに書いてありましたので、次の日に窓を
全て開け、細部まで拭き掃除をしまし。
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-12 18:13 | メンテナンス

発電機の冷却液漏れ

発電機のクーラント液がすぐに無くなると池田さんから指摘があり
液漏れの点検修理です。


d0164452_9305942.jpg

発電機部分のサブタンクも下のタンクも液は入っていません。
かなり、まずい状態です、このまま動作させると、焼き付いて
しまいますね。

d0164452_9313666.jpg

エンジン周りは狭いので各部分を手探りでチェックしました
下の見えない部分にご覧の様にステンレス製のクランプが電蝕
の為腐って切れていました。

d0164452_932284.jpg

上の部分のホースクランプも念のため新品と交換しておきます。

d0164452_9325669.jpg

アイドリングが低いので少し、上げておきます。

d0164452_9331464.jpg

クーラントを適量まで入れて、40分程エンジンを回しましたが今の所
液は減っていません、この状態で、数日様子を見てみます。

d0164452_9424417.jpg

池田さんから調査依頼のあった件です。 
船のエンジンは VOLVO PENTA 型番 MD22 です。
発電機は WESTERBEKE P/N24968 です、上の写真は発電機のラベルです
不明の点は再度私の方に、問い合せてください。
[PR]



by alawaib25 | 2010-09-04 09:50 | メンテナンス

ハワイ、オアフ島、のハーバーに停泊中の船達の日々のメンテナンス状況です。
by alawaib25
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メンテナンス
セーリング
PowerBoat
フィッシング
未分類

最新のコメント

最新の記事

盗難
at 2015-12-26 09:37
コロへ 燃料タンク 漏れ
at 2015-10-26 03:18
フローティングDock設置
at 2014-06-30 17:42
ベネトゥ船底塗装&スラスター
at 2014-05-02 13:52
Boston Whaler ..
at 2014-04-13 21:11

ファン

ブログジャンル

画像一覧